夢のマイホームは人生最大の買い物!?注文住宅の相場とは

注文住宅を建てる際に知っておきたいこと

注文住宅は多くの人の憧れですが、実際に家を建てるための金額はどの建築業者に施工を委託するかによって大きく影響されます。ひとくちに建築業者といっても、全国展開をしている大手のディベロッパー、地域の工務店、デザイナー事務所など様々なタイプに分かれており、それぞれに得意分野があることを抑えておくとよいでしょう。例えば、大手であれば予め用意されている建築モデルをベースにすることもできますし、一から設計して自分だけの住宅を作ることも可能です。一方で、地域の工務店やデザイナー事務所はオリジナルの設計がベースとなりますが、後者の方が一流のデザイナーを抱えていることが多い分金額的には高くなる傾向にあることも念頭に置いておく必要があります。

大手建築会社の料金設定について

それでは多くの人が委託するで大手の建築会社の料金体系について見ていくことにしましょう。一般的に大手の中でも鉄筋コンクリート造りを売りにしているところは高価格帯となっており坪単価にして100万円を超えてくるところもあります。そうではなく木造建築を提供しているところはそれよりも金額は抑え目である場合が多いですが、その中でもデザイン力や住宅設備の高グレードを売りにしているようなところでは同程度の価格帯となるケースもあります。一方で、大手の中でも中価格帯のところは坪単価70万円程度でしっかりとした注文住宅を建てることができるほか、ローコスト住宅を提供している業者であれば坪単価50万円以下で建てることも不可能ではありません。予算に応じて自分に合った業者を選ぶのがお勧めです。

設計事務所とは設計やその関連業務をする人たちが運営する事務所や営業所のことです。別名建物を設計する建築士の事務所とも言われています。